« **クロノスの終焉** | トップページ | **男鹿のなまはげに涙したお話** »

2017年4月24日 (月)

**シリウスからのお便り**

<<画像はメインブログの方にのみ掲載しています>>

先日地元の上空で モーニンググローリーのような雲を見ました。
時刻は夕方、西の空が赤く染まり始めた頃、長大な細長い雲が天空に伸びています。

気象現象としてモーニンググローリーは説明されるんですけど、それは朝方に出現するということと、海の近くや自然の多いところで観察されることが多いようです。

なのでこうした夕暮れの都心部に出現するのは稀なことかと思います。

で、この雲に聞いて見ました。
(私)「あなた誰?」
シリウスと即答してきました。

◯「シップ?」
●「yes」
◯「何してるの?」
●「中和作業」
◯「何でそんなに細長いの?」
●「効率」
◯「効率って?その方が作業がしやすいとか?」
●「説明は難しいです、あなたたちの科学概念では」
◯「ああ、そうなんだ」

画面右中央に一筋の飛行機雲らしきものが見えます。
この日は東京上空にたくさん撒かれていましたので、成る程ねということでした。

     ・

こちらはおまけ、冬の夜間シリウスを撮影した動画です。

<<動画はメインブログの方にのみ掲載しています>>

手振れがあるので見にくいですが、シリウスってレインボーカラーに輝くのです、いつもカメラを向けると不思議だな~って思っています。

それともっと不思議なのは「動く」のです。
冬になるとよく屋上で夜中にシリウスを眺めることがあります。
しばらくは動きを感じられないのですが見続けていると徐々に上下左右に微妙に揺れ動き始めるのです。
でも必ずいつでも動くというのではなく動く時と動かないときがあります、何回かに一度動くときがあります。

まるで生きている「意志」のようなものを感じるのです。

で、それもシリウスに聞いて見たことがあるんですが。
「あなたが自分を主体とした宇宙を信じることができたとき、シリウスは生きるエネルギー体である生命の星となり観察者と同期します」

と答えてくれたことがあります。
なんだか難しい答えでしたが
自分(シリウスを見ている人)が見るシリウスは、その人のためだけに存在しており、だから動くこともレインボーに輝くことも、その人の時空で起こる不思議なのだということでした。

そこで
「なぜそんな不思議を目撃させるのですか?」
の問いには
「あなたの故郷がシリウスであり、常にあなたをモニターして見守っているからです」
そう答えてきました。

でもこれはちょっと不思議。
私は確かにシリウスを故郷としている確信はありますが、私にコンタクトするものはシリウスに生きる地球外生命体であって、シリウスそのものではないんじゃないか?
と思ったのです。

この疑問にも彼らはこう答えてきました。

「シリウスという恒星自体も意志を持った(魂を宿す)存在です。そしてその星を母とするシリウス人と私(シリウス星)には何の違いもなく、繋がっているからです」
「あなたたち地球人も宇宙から見れば太陽人という存在なのです」
「太陽も人類の一人一人も遠い星から見たら、一つの存在でもあるのです」
「同じようにシリウスがたとえ8.6光年離れたところにり、恒星であるシリウス星とクラウドシップで地球に向かう私の子供たち(シリウス星人)もどちらも同じ存在なのですよ」
「わかりますね?」

シリウス星は生きていて、意志を持っている、だから私が見る時シリウスはまるで挨拶でもしてくれるように微動したりレインボーの輝いたりすると言うことなのですね。

これって私にコンタクトしてくれたと言うことではないですか!?
なんか嬉しいな~~としみじみしちゃいました、と言うお話でした。

………………………………

**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏



« **クロノスの終焉** | トップページ | **男鹿のなまはげに涙したお話** »