« **一乗院のミカエル** | トップページ | **今日の出来事から(仮想通貨外伝)** »

2018年2月 2日 (金)

**前世の記録 No.004**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>
リラの遥かなる旅(リラ物語)>>>


過去世リーディングをさせて頂いた方の記録No.004

・・・・・

時代は1500年頃のイタリアだろうと思います。
その時代あなたは敬虔なカトリックの聖職者でした。

努めている協会はそれは見事な建築様式の教会で、司祭の他20人近い神父がその教会を守っています。
あなたはその神父の中のお一人でした。

礼拝活動に明け暮れる毎日です。
バチカンの威光はその教会にも降り注いでいます。

降り注ぐというよりあなたの勤めた教会自体がカトリックの教会の中でも指折りの規模でした。
ですからそこに努める聖職者たちにはプライドが有り、選民意識すら感じます。

しかしあなたはそのような不遜な感覚がありません。
むしろ彼らの中に有って風変わりと言えるような存在だった様です。

この時代のバチカンは今以上に権威のある存在でした。
法王は時に一国の王以上の力と富を持ち、その威厳は絶大だったように見えます。

しかしあなたは、ステータスや名声と言ったものにはあまり興味を持たなかった様です。
そう言う点ではあなたはバチカンの神父としてはあまり優等生ではなかったように感じます。

さて、この時代あなたはどこかで地球外生命体を意識していたように感じます。
古い西洋絵画にも有るのですが、空に浮かぶ金属質の球体であったり、光の玉であったり、そう言う不可思議なものを多くの人が目撃していました。
その時代はそれらのものが神懸かり的なものととらえ、宗教的に意味付けされる事も有った様です。

しかしあなたはそれが空中に浮かぶある種の乗り物、船で、その中には生命体がいる事を「知って」いました。
むろんそのような事は口が裂けても言う事は出来ませんでした。
しかしそれらを思うにつけバチカンの教義の矛盾を感じざる得なくなって行きました。

そしてそれをバチカンも見逃さなかった様です。
不穏分子としてあなたを辺境の地に赴任させる事を宗教界は決めます。
体のいい放逐という事になるのでしょう。

その年の秋あなたはスペイン軍に伴ってなって南米への派遣軍に随伴する宣教師となる事をバチカンから言いつけられます。
当然の事ですが反論や拒否など考えられない事です。
あなたは務めていた教会を解任され、直ぐさまスペインに旅立つ事になります。

数ヶ月の後あなたは未開の南米の地に降り立ちます。
そこは無理矢理開港された港町で粗末な建物しかありませんでしたが、既に小さな教会は建設されていました。
しかしあなたの赴任地はそこではありませんでした。

進軍する軍に伴い奥地へと向かい、マヤの人々にキリスト居を布教する事にありました。
あなたはこの地に赴く事には決して不満ではありませんでした、むしろ宣教師となる事に誇りさえ持っていました。

しかしあなたの見た現実は目を覆う程のスペイン軍の蛮行でした。
その実態は、金製品の略奪が目的で、歯向かうものは女子供と言えど殺害し女性を犯し金品を強奪するスペイン軍。

それに相反しマヤの人々は、生贄の儀式を行う民族でしたが、欲望のために金を奪ったり人を殺めたりなどはしない人々で、それに衝撃を受けます。
スペインを立つ時に教えられていた話とは大違いだったのです。

そこで、あなたは自らマヤの人々の神官たちと接触を試みます。
そして彼らの宗教観や、人生観を聞くに付け自らの教義の矛盾を思い知る事となりました。

そんな行動が軍の人々に見咎められ、窮地に立たされます。
命も狙われました。
寸での所であなたマヤの人々に助けられる事となります。

あなたはその時キリスト教を裏切る覚悟を決めます。
そして法衣を脱ぎ捨てマヤの人々と同化し暮らす事を決心します。

恐らくここまで思い詰めるには相当の出来事、相当の覚悟が有ったと思いますが、遂に自ら南米の住人として生きる事を選ぶ事となります。

そしてその後、あなたはマヤの神官の人々とその生涯を送る事となった様です。
そして神父では考えられない、伴侶を得る事にもなりました。

この後あなたがスペイン軍の銃弾に倒れるまでの10年程の間
人間の尊厳と、自由の尊さを学ぶ人生を送りました。

享年は30代後半、失望と覚醒、そして人間の真の喜びを知る事となった波乱の生涯を閉じました。
この人生では子供をもうけています。
この方が今生あなたの身近におられるか、これから出会うことになると思います。











« **一乗院のミカエル** | トップページ | **今日の出来事から(仮想通貨外伝)** »