« **始まりに向けて(1)** | トップページ | **ペレからの伝言** »

2018年5月17日 (木)

**始まりに向けて(2)**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>
   ・
お便り・お問い合わせ>>
facebook >>


確かに今までの世界や社会はどうにもデタラメで不条理、残念に思うことばかりだったかもしれません。
では私たちは、その不条理な世界に間違って産み落とされたのでしょうか?
迷い込んでしまったのでしょうか?

いいえ、そうではなく自分の魂の選択がそうした世界を「体験したい」と願ったからこそ、この世界に生まれてきたのだと思います。

新しい次元に進むと言うこともそれと同じことなのでしょう。
今までの困った世界や社会から離脱できるという判断は、大きな間違いを犯してしまいかねないのです。

おかしな社会に生まれたのも自分自身の魂の選択、つまり自分の意思ということなのです。
そこから逃げ出し、より良い世界の到来を願う(メシアや弥勒の降臨願望などそのいい例ですね)そうした意識でいると言うことは、すなわち3次元に生きてきた自分自身を、自ら否定してしまうことになってしまいます。

これから先の次元では、皆が共有の意識を持って共同で社会を作り上げて行くと言う次元から、自分の明日は自分の意識が作り上げて行くと言う個別の世界に入って行くでしょう。

この宇宙(全ての次元)には「因果律」という不変の摂理が適応されています。
今の自分の現状は、自分自身の行動や意識がもたらした反映なのだということですね。

実はこの因果律、次元が低ければ低いほど緩やかで、適応度も弱いようなのです。
つまり、今までの3次元世界に生きてきた私たちは、自己責任から、のらりくらりと逃げ回ることもできた世界でもあったと言う事なのです。

それが証拠に、自分自身の低い意識から起こしてしまう犯罪や悪行を、自分自身でジャッジメントしないでも済んでしまっていました。
そして法律とか社会ルールがなければこの世界に混乱をもたらしてしまっていたのです。

こうした社会ルールが必要な世界ということは、3次元が低い意識レベルの周波数帯であったという事になります。
でも次元が上がれば上がるほど自分の意識や行いがもっとストレートに返ってくる「因果律の高適応次元」になって行きます。

そしてその対価は想像以上に大きく価値のあるものを受け取れる可能性が高いのです。

何より、全てが自己責任ということは、全てを自分で決め自分自身を律して行くという厳しさの反面、誰にも拘束を受けない真の「自由」が待っていると言う事でもありますね。

何をするのも自分が決める。
どこに行くかも自分が選ぶ。
人の指示や命令での行動を強制されない。
何より自分の「希望」がより短時間で具現化して行く世界。

そしてそこでは誰も注意も意見も、助言もしません。

なぜなら何をしようと全てはその人の自由意志であり、それを最大限尊重されるからです。
今までの3次元は人と人との繋がりが強く、手助けやバックアップを善なるものと捉えてきました。
もちろんそれは3次元での「愛」の表現だったかもしれません。

ところがこの上の次元以上では、何より個人個人が体験していることそ全てに意味があるということを十分に理解する人々の世界ですので、仮に苦境にあったとしても手を差し伸べず静かに見守ることの方が「愛」であるということを理解する筈なのです。

ただ高次元では、今まで私たちが苦痛と感じることや不安と感じる様々なことは、次元変化に伴って緩やかに消えて行く事でしょう。
何より社会的な不条理や苦しみを体験する場所では無くなって行く筈です。

これは、その次元には不条理が存在しないということではなく、必要としないと言う事です(そのカリキュラムを履修し終えた人の次元と言う事)

新しい次元に進むと願うことは、夢のような世界に向かうのと同時に、因果律の適用がより明確になって行く世界に向かうのだと言う事になるでしょう。

たとえ新しい次元でどのような世界が展開するのであろうと、その見たこともない、知ることもなかった世界に一歩踏み出して行く覚悟があるかを問われている事を理解しておきたいと思っています。

そしてその問いかけに「私の意思と責任を全うする」と答えることが、すなわち新しい次元に向かうチケットとなるはずです。

なんて、厳しい言い回しですけど
「そんなの当たり前じゃない」
と理解している人が行く次元ですので、そんなにビビることなんかない筈ですよね。










« **始まりに向けて(1)** | トップページ | **ペレからの伝言** »