« **リラの遥かなる旅10(パートナーとの愛1)** | トップページ | **新井山 梅照院(新井薬師)参拝(1)** »

2018年6月 8日 (金)

**リラの遥かなる旅11(パートナーとの愛2)**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>


今までのリラのお話はに掲載してありますので、まだお読みで無い方はぜひお読みください。
「◆リラの遥かなる旅◆」>>

   ●


<男性への戸惑2>

封建時代の当時、魔女狩りを行う為政者たちは女性性の解放を恐れる男性社会の者たち、主に暴力的な男性がその任務に当たっていました。
ですので、リラの人々はその思い癖から男性が苦手で、時には根拠もなく怖いと感じてしまう方も決して少なくありません。

男性の粗野で稚拙な暴力性や、怒号、大声などは、そうした苦しい過去性の記憶を心のどこかで思い出してしまい、時には身動きも出来ないほどの恐怖を感じてしまう方もいるのではないかと思います。

でも、この人生では男性からそれほどの理不尽を受けた経験がないのに、なぜ自分は男性に対し警戒心を解くことができないのかわからない方もおられます。

そうした遠い時代の記憶を深い心の底に持っている方には、過去世リーディングは思いの外役に立つ前世療法となる事を何度も見てきました。

過去世を忘れているからでしょう、出どころのない不安に戸惑っている方にとって遠い昔、何のためにそうした不条理に遭遇しなければならなかったかを知った時、大きな前進を見せてくれます。

自己否定・自信が持てない自分・根拠や出所のない不安、そうした停滞感から自分の力で抜け出すきっかけを前世誘導でつかんでくださる方もたくさんおられました。

あるいはこの人生でも、派手な生活を送らず静かに身を潜めているのに、男性からの不条理な仕打ちにあってしまう方もいます。

こうした方の中にはリラを故郷にもつ方が少なくないようなのです。

彼女たちは、身に覚えのないこうした男性や男性社会からの理不尽を自分の責任だと思い込み、自身をさらに追い込んでしまう方をたくさん見てきました。

息を潜め自分の存在を消し、前に出ることをためらい、声を発せずに身を隠してしまうのです。

でもそうした魂の記憶、思い癖が今の自分が体験したことではない事を知るだけでも、自分自身の中で何かのスイッチが入り、大きく前進し始めた方をたくさん見てきました。

男性性の稚拙な時代に狙われてしまったのだという理解にたどり着いた時、自分への出処のない自己否定が劇的に氷解して行くことも決して大げさな事でもありません。

またリラ出身の方の中には、過去世で遊郭や遊女などをを体験した方が意外と多い様なのです。
そうした過去世を経験してきた人は、今の人生ではとても強い貞操観念を持ってしまうことがあります。

しかもそれが行き過ぎると、男性そのものを受け入れられず、触れることもできないほど違和感を感じてしまうこともあります。
自分は、本当は恋愛や結婚をしたいとは思うけど、どうしても男性という生き物への不信感や怖さを拭えきれず、そのためいつも恋愛手前で身を引いてしまったり、縁が続かないと言う残念な経験をしてしまう様なのです。

また、なんとかお付き合いが始まっても、その先の性的な関係になると苦痛や違和感を感じ、出来る事なら避けてしまいたいと思ってしまうこともあります。

この解消、解放、前進はリラを故郷にもつ方の極めて重要な役割となるのです。

なせなら純粋な男女の愛が作り出すポジティブエネルギーは、この地球に大きく貢献し、次元移行の力強いバックアップになるからなのです。

地球のマントルを担当するのがリラですが、それ以上に男女の純粋な愛が作り出すエネルギーも間違いなくリラの担当だからなのです。
どちらも地球の神経であるレイラインを使ってのエネルギーワークとなるものなのです。








« **リラの遥かなる旅10(パートナーとの愛1)** | トップページ | **新井山 梅照院(新井薬師)参拝(1)** »