« **フランクの記憶** | トップページ | **リラの遥かなる旅10(パートナーとの愛1)** »

2018年6月 4日 (月)

**ポリネシアの記憶**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



前回の**フランクの記憶**からの続きです。


もう一つの人生を確認しましたが時代がはっきりと分かりません。

なぜなら文明というものが、その人生の中に見当たらなかったからです。
なんとなくですが西暦600年前後ではないかと思います。

すぐに見えてきた光景はポリネシアの島の何処かだと思います。

感覚的には西太平洋のどこかで、火山島がいくつか密集している場所です。
クック諸島のどこか?

この島は、まるで楽園のような穏やかさで「仕事」というものなどもなく、生きるために海に潜って魚を取ったり、山や森に入って食料を調達し、住み家をヤシなどの植物で簡易的に作るだけで生きて行ける日々でした。

そこには西洋文明というものの片鱗も見えない世界で、ただただ平和な日々が静かに流れているだけです。

過去世に退行してすぐ、自分がこの村の青年で年齢は25歳前後だと分かります。
とても逞しい筋肉と褐色の肌をした若者です。

すでに自分にはパートナーや子供たちもいるようですが、その人たちが今の人生に関わっている人たちなのかは確認しませんでした。

ビジョンが見え始めると直ぐ、その緩やかな日々に驚天動地の大事件が起こります。

この島は火山島で、その神なる山が火を噴いたのです。
今まで、その兆候さえ長老の話から伝えられることもなかった静かな山が、いきなり目覚めたのです。

噴火は壊滅的な噴煙を上げます、降り注ぐ火山灰で村一面が灰色に覆われて行きます。
マグマは粘度の低いもので、熱く溶解した溶岩が噴火口から流れてきます。

この島には総勢で50~60人程度の人々が暮らし、またいくつかある別の集落にも同程度の人々が暮らしています。
島の総人口は200名程度だろうと思います。

噴火が始まったのは夕暮れで、その時は爆発的でなかったのですが翌早朝全員で集まって話している時に大噴火を起こします。
噴火はさらに勢いを増し、全島民、このままでは全滅してしまうことは確実でした。

私はこの村のリーダーでも、酋長でもなく、単なる島民の一人でしたが、うろたえる人々を落ち着かせ、村にあるカヌーにありったけの食料と水を積み込ませ、島民全員をカヌーに乗せ島を離れるよう促します。

この時、どの方角が安全か噴石はどちらに降るかを勘に任せ判断します。

幸いなことに海自体はかなり凪いでいましたので、早くに島を離れることができました。
沖合で自分達が暮らしていた島が噴煙に飲み込まれてゆく光景を皆で眺めています。

でも嘆いたり悲しんだり、恐れを抱いている人は一人もいません。
ただ、これからどうしようという判断には少しの混乱がありました。

そこで一旦船を横につなげ、全員でどうするかを話し合います。
すぐに「移住」という答えが出たので、遥か洋上にあると聞いていた島を目指すことにしました。

距離的には200海里(360km)くらいで、そこに先住民がいるかはわかりませんが、先ずはその島を目指します。

凪いだ海でしたので、それほどの苦労はなく、その島々に到着します。
着いたのは真夜中で、その島に向かう間に数艘のカヌーが逸れ流され、離脱してしまいました(恐らくそのカヌーの人たちは助からなかったでしょう)

カヌーは少し荒れ始めた海から砂浜を探し上陸します。
この島は以前暮らした島に比べれは小さな島でしたが、何より水を得ることの出来る貴重な島で、しかも幸いな事に誰も住まない無人島だったようです。

その後の記憶は曖昧ですが、この島を故郷とし40名程度の人々で新しい村を作り上げ、自分はこの島の初代の酋長となり50代手前くらいでこの人生を終えると言うビジョンでした。

特に何かを得ると言う人生ではなかったかもしれませんが、火山の噴火により生きる場所を変えると言うことを経験したことが、今身近になりつつある地質の大きな変化に何らかの役に立つのかな?なんて漠然と思いました。

今私は都会暮らしですが、自分で食料を調達できるサバイバル的な生き方に憧れたり(根拠は曖昧ですが)いざとなった時の自信がなんとなくあるのです。
特に海を自分の生きる場所とする生き方に関して、その感覚があります。
それも、この時の記憶があるからかなと、なんとなく思うのです。

以上が久しぶりに自分の(今まで見たことのなかった)過去の人生の記録でした。


ではではまた。







« **フランクの記憶** | トップページ | **リラの遥かなる旅10(パートナーとの愛1)** »