« **お仕事と使命(1)** | トップページ | **トラウトサーモンの謎** »

2018年9月14日 (金)

**お仕事と使命(2)**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



前回からの続きです。

よく頑張ってきた自分に安らぎと労いの言葉を贈ってあげることはできた。
さて、ではこれからどうしよう?

その前に次へのステップに入るその前に、心しておく事があります。

どこに身を置き、何をし、どう生きていようと、ますは自分自身を非難したり評価を下げたりする事だけは避けてください。

自己批判や、自虐的な意識は、例え仮面の社会を知ったとしても、次のステージに向かう時には不要なもので、時には足かせにもなり得ます。

魂の使命とは離れていると感じる自分にダメ出しは不要な事です。
生きる為致し方なく頑張っている自分に「本当によく頑張っているね」と言って上げなければ、自分の存在自体が無意味になってしまいます。

使命に進むために不条理な社会に足を踏み入れただけの事なのですから、自己批判は不要なんです。
大切なことは「理解」し「気がつく事」なんですね。

「ああ、そうなのね、自分がいる組織や社会って、こんなだったのか。ふ~~ん、なるほどね」

これだけでいい事なのに、人は得てして「襟を正さなければ、正義感を持たなければ」という、大して意味の無い謹言を自分に言い聞かせようという厄介な癖があるんですね。

「いつでも正しく生きるべき、人のために役立ち人に評価されるべき、常に自己批判を忘れるな」
これ、実ははある意味マインドコントロールなのかもしれないのです。

「正しい人、清廉潔白、人格者」
そういう人になるって、社会的に従順でルールを守る人ということですよね。

では今の社会が本当にまともで、そこで従順でいる事に誇りが持てる社会なの?
社会のルールはなんの目的で、誰が作ったの?
その社会ルールに従うことにどれほどの意味があるの?

人を傷つけ、引き摺り下ろし、踏みつける社会って気がついたのではないのですか?
ならば社会基準に従う人間でいることにどれほどの価値があるかは言うまでもない事ですね。

「ふ~ん、そういう会社だったんだね、それは興味深い」
そんな達観で、家族を守るためだけに対価をもらってお家に帰って家族と楽しい日々を送っていれば、そこに社会に翻弄されない自分が見えてきます。

自分は命がけで海を渡って子育てをしているツバメなんだと思いましょう。
ツバメたちは、子供を育てることだけが興味の対象、自分の仕事がどう評価を受けているかなど関係ないのです。

早い話、現行の社会の中での「仕事」に使命と呼べるものがあるのかな?と言う事でもあるんです。

でもこれはまあ、かなり極論。
もちろん仕事(対価をいただく事)と使命が一致しないのかといえば、そんなことはありません。

肝心なことは、どんな仕事をしているかではなく、すごく単純なことなんですが「その仕事を楽しんでいる?」その一点でしょう。
他者には分かりかねる事ですので、それはご自分に聞いてみてください。

「もう今の仕事が楽しくて楽しくて、毎日心はニッコニコ」
ならば、その人は使命の一つを果たしていることになるんです。

そうなんです、仕事という「行動」自体が使命なのではなく、何をしていようと自分に偽ることなく居られるかが、使命を果たしているかの重要な事なのです。

自分を偽っているとしたら、どれほど「人のために」と言おうと、人が評価しようと使命ではないということなんです。

仕事では毎日辛いし、ストレスがある。だとしたらその仕事は魂が約束してきた使命とは少しばかり違う。

でも趣味の世界にいたら、もう時間の経つのも忘れて心がニッコニコ。
なら”今”はそちらの方がより使命に近いのだと言う事なのです。
「今」はと言ったのは、これから先の使命はまた変化するかもしれないからです。

私たちは生きています、そしてこの地球からからこの体を借りている地球の子供達です。

そのためにすべきことは、自分の中に生まれるエネルギーを地球に還元する事なんです。

ストレスを産めば、自分自身を傷つける事になり、何よりお母さんである地球をとても悲しませてしまいます。
ご自分が人の親でしたらお分かりになると思います。

自分の子供達にどうあってもらいたいと思いますか?
世界中の子供達にどうあってもらいたいと思いますか?

ストレスに押しつぶされて、自分自信を非難し、自分自身を傷つけ、自分自身の存在なんかなくなってしまえばいい。
そんな子供達を見たらどうでしょう。

お母さんである地球は、私たち人類皆等しく可愛い子供達、そのおかあさんの思いに報いることも、きっと使命の一つになると思うんです。

とても観念的なお話のように聞こえるかもしれませんが、私たちはエネルギーで成り立った存在です。
そしてエネルギーを生み出す存在でもあります。

どんな種類のエネルギーを生み出す自分でいるかが、とても大切な「使命」なのです。










« **お仕事と使命(1)** | トップページ | **トラウトサーモンの謎** »