« **相撲神事とイベント** | トップページ | **魂の青写真(体験と縁)** »

2018年11月17日 (土)

**改札口でのライトワーク**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



昨日地元(実家)の駅で電車を降りた時の事。
夕方の帰宅時間と重なり、かなりの数の人が改札口に向かっていました。

私もその流れに逆らわないように改札に向かって進んでいたのですが、あと数名で自動改札のタッチパネルという所で、いきなり目の前に一人の女性がねじ込むように割り込んで来たのです。

左側から、まるで突進して来る様に入り込んで、更に右側に通り過ぎて行くのです。
私は危うくその女性の足を踏みつけてしまいそうになり、慌ててその場で足踏みをしてしまいました。

その時一瞬彼女は少しはにかんで恥ずかしそうな顔をちらりとこちらに向けてくれました。

「何事?!」と目で追うと、その先にいた男性が一人「おおっ!」と言ってその女性に声をかけました。
そして彼女はすぐにその男性の腕に手を回し、一緒に改札口を出て行きました。

仕事帰りの駅の改札口で旦那さんを見つけた奥さんが駆け寄った、そんなどこにでもある様な光景でした。

私はそこで「何事?」との思いが急速に薄れて行きました。

彼の腕に自分を腕を絡め、頬を添えながら幸せそうに歩く女性の笑顔が何とも印象的で
「ああ、なんかいいなぁ。素敵な光景だなあ、麗しいなあ」
そんな、心が温かくなる思が湧き上がりました。

あのクリスマスソングのCMから今年でもう27年。
でも恋人達の思いは決して変わる事なく、何気ない街の何気ない日々の中で今日も繰り返されている事でしょうね。





さて、ライトワークのお話。

その時私はその二人の行動からある種の熱エネルギーを感じ取りました。
そして何より、私自身の内側が「嬉しく」なって、確実にハートの辺りの温度が数度上がったのが分かりました。

これってよく言う「元気をもらった」とか言うスピリチュアルな観念論ではなく「確実に心が反応した」物理現象なのです。
見知らぬカップルからのエネルギーシェアを身を以て体験したと言う事ですね。

もちろんこの時の女性は、自分が他からどう見られているかはあまり気にしてなかったでしょう。まして誰かを喜ばせたなんて思いもしなかったはず。

何も考えず、周りの事など考えもせず自分の思いに集中していただけです。

それを社会人の大人目線で見ると
「たった数十秒くらいの事、改札を出て広い所で声を掛け合えばいい事では?」
なのかもしれません。

でも、人の目の前を無理やり通ってでも彼に触れたいと言う、その女性の無意識の行動に素直に「いいんじゃな〜い」と思った訳です。

同じ様に私たち一人一人も日々の生活をあまり深い意図もなく営んでいます。

でもこの二人のようにその時の自分の意識状態が、知らず知らずの内に外に向かうエネルギーとなって、そこに立ち会う「誰か」に影響を与えているのですね。

そして、それを受け取る人もまた自分のエネルギー状態によって、ポジティブなエネルギーとして受け取る事もでき、また逆に二人の行動から「ムッ!」とするネガティブエネルギーを生み出してしまうかもしれません。

全ての事象は二面性を持っているのです。
受け手側の取り方一つで、その事象の意味も価値すらも真逆に変化して行きます。

後も先もなく、その瞬間瞬間の出来事だけが重要で、これこそが全ては「今」と言う事なんでしょう。
この二人がどんな性格で、どんな価値観を持って、何を考えて日々を生きているかなんで関係ないのです。

気がつかない内に自分たちが他の誰かになんらかのプレゼンテーションをした、そして誰かがその提案を受け取った。
「ああこれ!ライトワーキングで、彼ら二人はライトワーカーだ!」。

って、そう思ったのです。

自分でも気がつかない内にこんな風にライトワークをこなしているのです。
しかも押し付けがましい「善業」を強制もいません、全てを受けて側に委ねているのです。

ライトワーカーに資格なんてありません。ただ愛し合う事だけでもライトワーカーの仕事の一つになってしまうって事、お分かり頂けます?

今回の出来事も、特別困った事が自分に降りかかった訳じゃ無し、折角の「ホンワカ嬉しい」と感じたハートをそのままにして置きたいよねって思ったのです。












« **相撲神事とイベント** | トップページ | **魂の青写真(体験と縁)** »