« **母から女性へ、父から男性へ(翼の再生)** | トップページ | **アレルギー反応とリラのトラウマ** »

2018年12月 5日 (水)

**可燃と不燃**

お便り・お問い合わせ>>宇宙からの歌声HP>>  ・ facebook>>


パリでの暴動はフランス人の気質を見せている様に思います。

すでに死傷者が出始めていると言う事は又しても血の革命(フランス革命の二の舞)の様相を見せ始めています。
本来あるべき革命は、静かなるなる革命こそが大きな力を生み出す真の変革と信じます。

さて日本。

多くの人は不条理な出来事や、当局の思惑に対して表立って怒りを表すことなく、過激な不満を口にする事もなく、逆に当局からの強烈な締め付けも、情報遮断もなく箝口令も敷かれていない。

情報に関してもメディアが出さず語らないだけ(または情報を作為的に書き換えてもいるかもしれません)
でも個人個人が拾おうと言う意思さえあれば、様々な情報を得る事は決して難しくはない状況です。
でも多くの人はそれをしないし、その前に興味を示さないように思います。

中には真実に目を向けることをあえて避けたり、真実を知る事を恐れたりしている人もいるかもしれませんが・・

これを「愚民は大手メディアの洗脳によりコントロールされている」という見方もあるかもしれませんが、私はそうなのかな?と思うのです。
むしろコントロールされない国民なんじゃなかろうかと、そんな事さえ感じるのです。

ちょっと煽れば暴力に走る、これ欧米人の気質ですね。
これはアトランティスから来る性癖なんだろうと思うのです。

でも日本人は、よほど身の危険を感じる事がなければ、例え正義感や使命感があっても、そう簡単には集団的な暴動には走らない様に思うのです。
この点から見ると、どれほど煽っても渦中(火中)に飛び込まない臆病さと同時に、そう易々とコントロールされない(管理者側から見たら)厄介な存在かもしれないと感じるのです。

臆病であるという事は思慮深くもあるので、簡単な扇動には引っかかり難いのではないかとも思うのです。

今回のフランスの大騒ぎの発端は燃料税引き上げが引き金のようですが、その裏には高い失業率や経済優先(最優遇)の ”実業家上がりの大統領” による施策への不満が爆発しての事と言われています。
巨大企業と富裕層優遇政策への不満が積もりに積もった形での今回の出来事でしょう。

この、企業と富裕層優遇の流れは、決して一国のことではなく世界的時流なんですね。
日本でも同じ様な施策を見る事ができます。

そうした流れに対し、今までの日本人であれば自分から率先して不満を口に出したり、ましてや行動に出ることは稀で「誰かがなんかしてくれないかなぁ・・」と思いつつも何もせず聞こえないところで愚痴っているのが日本人だったように思うのです。

そして空気を読みつつ、その流れに逆らわずに流れて(流されて?)きた。
確かにこの点から見ると臆病者で覇気がなく、体制の言いなりになっていたかもしれません。

でも今は少し違ってきている様に感じるのです。

諦めムードで、俯いて「誰かにやってもらいたい」と思う前に、もうそんな事どうでもよくて興味がないから気にも留めない。
自分の世界に意識を向け、内向きの居心地の良さを追求し始めた様に感じています。

結果として国家としてのまとまりが薄れて行き、一人ひとり自分の世界の中に入り、自分というコミュニティーに帰属し始めたと見ることも出来るのではないかと思うのです。
とすると、これは逃げでも諦めでもなく「本質の追求」に向かい出したのかも知れません。

「国家の愚策によって国民が虐げられてきた」
これを暴力で元に戻したり不満を破壊的な行為で表現する事の方がより「扇動される国民」でしかない様に思うのです。

もしかすると、簡単に怒りの火が付きやすい人々を、どこか見えない裏の方で「ニヤリ」と見ている何者かがいるかも知れません。

例えばメディアで新しい店舗やショッピングエリアの情報が流されたり、美味しいお店が紹介されると行列ができる。
そうした扇動には簡単に乗りますが、政治的なスキャンダルや失策に関しては牙を剥くほど怒りに燃えない様に見えます。

前者のような新店舗やお店紹介の扇動に乗ったとしても、その内容は極めて平和的で楽しい情報です。
でも後者のように胸が苦しくなり危険な匂いのする事には煽られません。

むしろ愚策を行えば行うほどに、国民が国家への依存から静かに離れて行き、個として生きる道を選んで行く。
そのほうが体制側にとっては脅威なのではなかろうか、なんて感じたりもします(深読みし過ぎ?)

簡単に言えば「大切な事、信じる者」は自分自身と自分の身の回りであり、大きな力に頼ることはしない。
「管理からの離脱」が起こり始めているのかしら、なんて事感じるのです。

18世紀のフランス革命は市民による凶暴な血の革命よって国家の形が変わった様に見えますが、ではその後フランスは楽園になったかと言えば・・・
ブルジョワジー(資本主義)の台頭を許しヨーロッパ一屈指の軍需大国であり、武器輸出を積極的に国策として行っている。

結果としてあまり変わっていない国の様に見えるのです。

本来の革命や改革、変容や進化は外力や暴力では何も変える事は出来ず「個としての自分」の中での変革こそが外の世界を変えて行くという事。
そしてそれこそが宇宙的真理であるという事に思い至るのです。

そして「直ぐに発火する怒りの導火線を持つ者と、いくら発火を煽ろうともそれには乗らない者」
この点も、更に今後それぞれの個人が希望する未来への道の違いとなって行くのだと感じているのです。










« **母から女性へ、父から男性へ(翼の再生)** | トップページ | **アレルギー反応とリラのトラウマ** »